HOME > TOPICS > Researcher's Home デザインの本質を伝える、家具研究家の住まい

Researcher's Home デザインの本質を伝える、家具研究家の住まい

2020/01/17

Oda Residence   Hokkaido Architecture : 織田憲嗣+IA研究所

 

北海道のほぼ中央に位置し、家具の産地として知られる旭川。世界的な家具研究家、織田憲嗣さんは1994年にこの地に移住し、2002年には隣接する東神楽町にこの住まいを完成させました。さまざまな家具やアート、オブジェがコーディネートされた住まいでは、ものづくりと暮らしが見事に調和し、上質で美しい日用品と長く暮らすという、デザインの真髄に出合えます。

家具研究家としての歩み/旭川に住まいをつくる/ライフデザインミュージアムの構想/織田邸の美しい日用品たち
 

 

キャッシュレスで5%還元