HOME > TOPICS > 【新刊】CLOSE-UP/五十崎社中

【新刊】CLOSE-UP/五十崎社中

2019/08/14

障子や襖、屏風、行灯と、古来、日本人の暮らしに不可欠だった手漉き和紙。しかしながら現在、和紙づくりは衰退の一途を辿り始めています。和紙づくりを未来へとつなぐため、愛媛・内子で受け継がれてきた大洲和紙づくりと、フランスに伝わる装飾技術“ギルディング”という二つの技法を融合した和紙づくりに取り組む、五十崎社中を訪れました。

内子で生まれる素朴な大州和紙/ギルディングがもたらす新しい風

五十崎社中(愛媛・内子町)
URL:https://www.ikazaki.jp