HOME > TOPICS > 【新刊】Living in a Masterpiece 名作住宅を、育まれた思いと共に受け継ぐ

【新刊】Living in a Masterpiece 名作住宅を、育まれた思いと共に受け継ぐ

2022/12/5

伊藤邸(旧園田高弘邸) 東京都目黒区
設計/吉村順三設計事務所 吉村順三(オリジナル部分) 小川 洋(増築部分)


住宅設計の名手として知られ、和洋が融合したモダニズム住宅を数多く手掛けた建築家、吉村順三。彼が設計した旧園田高弘邸は、後世に残したいと願う多くの人の尽力により、約60年を経て新たな住み手を迎えました。そんな住まいを訪れ、時代を問わず存在する居心地の良さを感じると共に、住宅を住宅として住み継ぐことの価値を考えます。



音楽室を内包するピアニストの住まい/価値ある建物を次世代に引き継ぐ/
住まいとして活用しながら人々に開く