HOME > TOPICS > Long Life Comfort/Sustainable Home Planning ライフスタイルの変化を踏まえたプランニング

Long Life Comfort/Sustainable Home Planning ライフスタイルの変化を踏まえたプランニング

2018/11/22

超高齢社会を迎えた日本。長い人生をより良く生きるためには、どのような住まいが快適なのでしょうか。今は健康でも、80歳を迎えたときに階段の上り下りを苦痛に感じ、行動範囲が狭まることもあります。しかしバリアフリー住宅をつくるのではなく、大切なのはあくまで今の暮らし。必要になればワンフロアで生活できる、すぐに手すりを設置できるといった土台を整えておくことで、今も将来も生き生きと暮らせる住まいをかなえられます。今回はそのノウハウを、国内外さまざまな事例から紐解いています。

避けられない身体の変化/北欧に学ぶシニアの暮らし

 

 

 

1.快適な暮らしをかなえる空間設計


生活の場をフラットに/夫婦別寝室への対応/緩やかな勾配の階段/便利なホームエレベーター/光と風と眺望/廊下と手すり/建具は引き戸と引き込み戸/水まわり空間/80代になっても使えるキッチン
 

 

 

2.健康に暮らすための環境


暖房の環境/色と照明/

 

 

 

キャッシュレスで5%還元