HOME > TOPICS > 100th ANNIVERSARY ISSUE/Time Goes by オーナーが“育てた”住まいを訪ねる

100th ANNIVERSARY ISSUE/Time Goes by オーナーが“育てた”住まいを訪ねる

2019/05/27

01. 国内外のアイテムをミックス/F Residence 
Shibuya-ku, Tokyo Architecture : ジェネラルデザイン

 

美しく、そして心地良い住まいとはどのようなものでしょうか。本誌はこれまで、国内外700軒以上の住宅を訪れ、その答えを探し続けてきました。通巻100号の節目に、住宅10軒を再訪問し、その後の暮らしから、改めて住まいにおいて大切なことを学びました。

本誌が求める住まいとは/住まいも、美しく歳を重ねる/住みながら整える、加える

 

 

02. 和洋と新旧が混在した美意識/Toyoda Residence 
Setagaya-ku, Tokyo Architecture : 横堀建築設計事務所

 

 

 

03. 素材と植物がなじんだ中庭/H Residence
Okazaki-shi, Aichi Architecture : GA設計事務所

 

 

 

04. 年月と共に陰影を深める住まい/Arai Residence  
Setagaya-ku, Tokyo Architecture : 井上洋介建築研究所

 

 

 

05. 変化を受け止める寛容な住まい/I Residence  
Kamakura-shi, Kanagawa Architecture : 彦根建築設計事務所 彦根アンドレア

 

 

 

06. 室内を彩る北欧家具とアート/I Residence  
The Kanto region Architecture : 彦根建築設計事務所 彦根 明

 

 

 

07. 家族が集うダイニング/Adachi Residence 
Kani-shi, Gifu Architecture : 服部信康建築設計事務所

 

 

 

08. 暮らしの中心となるキッチン/H Residence 
Mitaka-shi, Tokyo Architecture : 山㟢壮一建築設計事務所
 

 

 

 

09. 職住を包むおおらかな住まい/Yasutake Residence 
Shizuoka-shi, Shizuoka Architecture : 内海智行 ミリグラムスタジオ

 

 

 

10余白をもたせ、手を加える/I Residence 
Otsu-shi, Shiga Architecture : フォルム・木村浩一建築研究所

キャッシュレスで5%還元