HOME > TOPICS > 【新刊】特集/BATHROOM METHODS ライフスタイルから考える水まわり空間

【新刊】特集/BATHROOM METHODS ライフスタイルから考える水まわり空間

2020/10/19

日々の疲れを癒し、顔や体を清潔に保つ水まわり空間。毎日使う場所だからこそ、美しさと共にストレスなく使用できる空間構成が求められます。家族構成やライフスタイルに合わせて計画した3軒の住まいを参考に、デザインと機能を高める方法を考えます。さらに、全57点の水まわり製品を、選ぶ際のポイントと共に掲載します。


BATHROOM METHODS/快適に過ごすための設計アイデア

 

 

水まわり空間でどのように過ごし、そのためには何が必要なのか。浴室の窓から緑を取り込んだり、家族の人数に合わせて洗面器を二つ配したり、多忙な日常を考慮して短い洗濯動線をかなえたり。家族の生活スタイルを設計に反映してこそ理想の空間を実現できる。ここでは住み手らしい空間で、快適な暮らしを手に入れた3軒を掲載。

 

01.間仕切りを兼ねた造作収納が家事効率を高める
T Residence   Kamakura-shi, Kanagawa
Architecture : RF design office
Planning & Interior Design : utide

 

 

 


 

02.暮らしの変化に対応できる二つのバスルーム
写真 右170頁上 左171頁下右
写真 172頁
S Residence   Hayama-machi, Kanagawa
Architecture : KONARA HOUSE

 

 

 



 

03.収納を快適にしたウオークスルー・クローゼット
写真 176頁下
写真 176頁上
N Residence   Nagoya-shi, Aichi (no.93に掲載)
Architecture : GA設計事務所