HOME > TOPICS > 【新刊】特集/Kitchen Design Recipes インテリアのテーストからキッチンを考える

【新刊】特集/Kitchen Design Recipes インテリアのテーストからキッチンを考える

2018/06/06

写真/Molteni & C HOME

 

暮らしの中心とも言えるキッチン。毎日作業する場だからこそ、使い勝手良く計画することは重要です。しかし、オープンスタイルが主流となった今、インテリア性に配慮して空間としてのグレードを高めたいもの。今回はダイニングやリビングと調和し、ライフスタイルや個性を反映したキッチンづくりを解説するほか、プランや動線、寸法、デザインのポイントを探ります。さらに、輸入キッチンのメーカーも紹介。

・住まいのテーストを決める

・素材や色、トーンを選ぶ

・コストバランスを考える

・空間を俯瞰する

 

 

 

Kitchen Design Recipes/Favorite Taste

 

キッチンのインテリア性を高めるために、まずは住まい全体のテーストを決めるのが不可欠です。自分がどのようなインテリアが好きなのか、理想の空間をイメージするところから始めましょう。ここでは「Cool Elegant」「Natural Chic」「Industrial Modern」といった異なるテーストを紹介し、イラストを基本に各テーストに合う素材や色、機器や家具などを提案。トータルバランスを考慮しながらコーディネートしていく楽しさを味わいましょう。