HOME > TOPICS > 【新刊】SPACE PLANNING 住まいのコミュニケーションをデザインする

【新刊】SPACE PLANNING 住まいのコミュニケーションをデザインする

2020/07/27

昨今、見直されている“家時間”と家族のコミュニケーションの大切さ。家族でどのように過ごしたいかを今一度明確にし、プランニングや家具選びを含め、自由な発想で住まいを計画したいもの。ここでは、それぞれの家族に合ったコミュニケーションの場づくりのヒントを、実例と共に紹介します。

住まいの顔である“リビング”の現状/家具でつくる家族の居場所

 

 

 

プランニング編/空間とコミュニケーション
Case 1.  居場所を選びながら自由に暮らす
T Residence Architecture : 手嶋保建築事務所  

 

 

 

Case 2.  キッチンと一体化したダイニングテーブルが主役
O Residence Architecture : 小野寺匠吾建築設計事務所  
Coordination : リノベる。

 

 

 

Case 3.  スキップフロアでつくるほど良い距離感
T Residence Architecture : 彦根建築設計事務所 彦根アンドレア 

 

 

 

Case 4.  リビングの一角に設けた床座の“ピット”
W Residence  Architecture : 蘆田暢人建築設計事務所  

 

 

 

Case 5.     平日と休日でコミュニケーションの場を分ける
N Residence  Architecture : 岸本貴信(CONTAINER DESIGN)

 

 

 

Case 6.  リビングと異なる機能をもったライブラリー
N Residence Architecture : フジハラアーキテクツ  

 

 

 

Case 7.  パブリック空間を分ける、つなげる
Kawabe Residence Architecture : 川辺直哉建築設計事務所  

 

 

 

Case 8.  点在させた居場所から景色を楽しむ
H Residence Architecture : フォルム・木村浩一建築研究所  

 

 

 

Case 9.  LDKにとらわれないくつろぎの場所
Hayashi Residence Architecture : エクリアーキテクツ